Ryoma GOLF

NEW

アイアンRYOMA IronRYOMA Iron

 SLEルール適合 カーボン1本 36,000円~(税別)
スチール1本 33,000円 (税別)

飛んで曲がらず、しかも止まる。
スコアが良くなる
「ブレない」アイアン。

リョーマ史上初のアイアンが誕生!
ウッドで性能を立証されたDSI テクノロジーをアイアンにも応用。さらに、ソール後方に10mm 延長した世界初のチタン合金製スプリングフェースがあらゆる打点で高初速ボールを放出。
世界初、超高比重17 タングステンを用いたパワーブースターが成し得た低重心かつ深重心特性で、類をみない高打出しと広域スイートエリアを実現。 ミスヒット時の左右のブレと飛距離のブレは、従来アイアンの半分以下。誰もが実感できる「やさしさ」で、平均飛距離は10 ヤード向上※。
あらゆるゴルファーのパーオン率が高まる超高機能アイアンが完成した。
※他社同ロフト比

Spec
  • 低重心にすれば重心深度は浅くなる。また、深重心にするほど重心位置は高くなる。ボールを上げやすくするには低重心、やさしいクラブにするには深重心にしなければならない。しかも、これをソール幅を広げないヘッド形状で達成したい。この物理的に相反する「低&深重心」が、リョーマ独自のヘッド構造と溶接技術により誕生した。超高比重パワーブースターは、比重17※タングステンパウダーの粉末冶金で成形。重心パターンの徹底的な解析と、低重心かつ深重心を高次元で両立したことで、前後左右にブレにくいアイアンが完成した。
    ※汎用工業素材の中で、地球上で最も重い金属(通常のゴルフヘッドに用いられる鋳造タングステンは比重11)

  • 一般的なアイアンで、ティーアップしたボールと地面のボールを打ち比べてみると、その飛距離は異なってくる。ティーアップしたボールの初期打点はリーディングエッジから約18mm。それに対し、地面にあるボールは約9mmである。さらには、ボ-ルが浮いたラフと沈んだラフでも、打点は上下に大きく変わる。つまり、打点位置が変わることで飛距離が変わってしまうのだ。打点の変化に伴いボール初速とスピン量も変化し、それ故、「飛距離のズレ」が生じてしまう。リョーマは他社とは異なる「チタン合金製スプリングフェース」を開発。パワースプリングゾーンでフェースが大きくたわみ、あらゆる打点で高初速を放出する。

  • フェアウェイ等のやさしいライでは、狭めのソールでシャープな振り抜きを実現。ダフッた場合やフェアウェイバンカーでは、深くヘッドが入らないようアシストソールが加わった「超幅広ソール」となることで飛距離ロスや過剰なヘッドターンを抑制。ミスが最小限となって、スコアメイクに大きく貢献する。

  • 球筋と飛距離はロフトで決まるものではなく、打出し角度とスピン量で決まる。RYOMA Ironはパワーブースターを番手別に設計することで最適な打出し角度とスピン量を実現。番手間の距離差を理想のものにした。

  • 一般的なアイアンヘッドはネック部分が重いため、スイートスポットはフェース中央からヒール側に5~7mmほど偏ってしまう。これをフェース中央でヒットすると、インパクトでフェースが開き気味になり、エネルギーロスによる初速の低下が生じる。元来ヒール側でヒットすべき構造であるため、フェース中央で打っても良い結果は生まれにくいのだ。リョーマは、ヘッド全体を薄肉軽量化し、その分の重量をトゥ側下部に移動し、スイートスポットをフェース中央に配置。その結果、さらなる低重心化をも同時に達成したのだ。

  • 従来アイアンが難しいのは、その形状により自ずとスイートエリアが狭くなってしまうからである。リョーマは低&深重心特性は元より、通常起こりうるミスショットを全て想定し、ヘッド内部に様々なメカニズムを構築した。その結果、RYOMA Ironは、従来アイアンでは有り得ない驚異的な広域スイートエリアを実現したのだ。

TourAD RYOMA Iron標準仕様

芯に当てやすい同じタイミングで振りやすく、走るのにつかまり過ぎない。オートマティックに芯に当てられる特性と類をみないやさしさで、同一飛距離の再現性に優れたシャフト。

BEYOND POWER Iron

ムチのしなりをシャフトに応用手元→中間部→先端とムチのようにしなる走りで、ヘッドスピードを1.2m/s増幅。インパクト直後までヘッドを加速。ヘッドスピードに関係なく1フレックス∞のみで、トップアマからアベレージゴルファーまであらゆるゴルファーに対応する画期的なシャフト。

Spec

カスタムシャフト・スチールシャフトについて

タイミングがズレた場合でも、オートマティックに芯に当てることを追求したRYOMA専用TourADシャフトは、他にはないやさしさと同一飛距離の再現性に優れたシャフトです。今までスチール派であった方にも、さらには“ウェッジだけはスチール"とこだわっていた方にも、オリジナルカーボンシャフトを推奨します。18ホールにわたり安定したショットを繰り返し、スコアアップを目指すのであれば、絶対的に有利になるでしょう。 (どうしても、自分が使い慣れたシャフトはこれだ!と決めている方には、カスタムシャフトの対応も可能です)