Ryoma GOLF

1高 初 速ボール初速が1.7m/s向上

スプリングボディとエネルギー増幅メカニズムによる独自のボディ構造で、ヘッドとボールの接触時間(インパクト時間)が20%※1長くなる。ボールがより深部まで潰れることで、ボール自体の反発力が高まって初速が向上※2。卓越したソフトな打球感とゴルファーのポテンシャルを超えた高初速ボールを放出。
※1 インパクト時間が長くなるほど、ボールの潰れ量が増加します。
※2 ボール初速が1m/sごとに約7ヤード飛距離アップ

2低バックスピン世界最少スピンで、「棒ダマ」が自然発生

DSIテクノロジーをさらに進化させた極限のヘッド構造で、バックスピン量は他社比35%減※1。「高初速&高弾道&低スピン」で打ち出されたボールは、自然に「棒ダマ」※2となって前へ前へと突き進みビッグキャリーと大きなランがうまれる。
※1 大手メーカー最新7機種の平均値と比較(当社従来モデル比は15%減)
※2 高初速、高弾道、低スピンの全てがそろわないと「棒ダマ」は発生しません。

高初速、高弾道かつ低スピンの3条件で、
ランが伸びる「棒ダマ」が発生。

3高打ち出し高打ち出し & 超広域スイートエリア

ロースピンユニットとパワーブースターによる超低深重心構造で、高打出しを再現。さらに、フェース上下左右のミスヒットでも スプリングボディのたわみがヘッドの回転を抑制。フェースとボディのアシスト機能からうまれる超広域スイートエリアで平均飛距離が格段に向上する。
※オフセンターヒット時のボール曲がり幅は一般的なクラブの半分以下になります。

4サイドスピンレスサイドスピン60%減、曲がり幅は半分以下

インパクト時間が増加したことで「分厚く長いインパクト」になり、サイドスピンが60%減少。ミスヒットでも飛行途中でサイドスピンがほどけて、ボール曲がりが収まる。さらに従来モデル比20%アップの慣性モーメントで、※プロからアベレージゴルファーまでスコアメイクに大きく貢献する。
※ヘッド左右慣性モーメント(MOI : 4,950gcm2)